仕事でパソコンをしているとどうしても目が疲れてきます。
そういったときは、疲れにくい眼鏡をしてみるのも一つです。ブルーライトカットといって、パソコンから発せられる人体にとって視力低下の原因になったり、安眠妨害になったりする光をカットするものが有名です。

 

メガネ屋さんにも普通に売っていますが、そもそもメガネをしない人の場合は、行きにくいですよね。
雑貨屋さんでもてにはいりますので、見かけることがあったら、探してみるといいと思います。
あとは楽天やAmazonなどの通販でも手に入れることができますね。

ここはあえて高いものを買ったほうがいいのかどうか、と言うことなのですが、個人的にはそんなに変わらないんじゃないかと思っています。

JINSとかZoffとかありますけど、この辺は個人の好みなんじゃないかな、と思っています。

メガネをかける生活じゃないので、かけることによってこれがストレスになってしまうなんてこともあるので、よほどの効果を感じなければ、やめてもいいんじゃないかと思っています。

使用者の中では、目の不調がこのブルーライトカットのメガネをかけることによって、改善されたなんて人もいたみたいです。

私も早速買って使ってみたのですが、個人的にはメガネをしない生活だったので、何日か経つとしなくなりましたけど。
安物を買ったからか、あまり効果は感じられませんでした。

後から知ったのですが、色が濃い方が効果があったという人もいたみたいです。

ブルーライトカットのメガネには、反射型、吸収型の2種類が存在します。

どちらにしても、このレンズの色が透明でカットしているというのはどうにもこうにもありえないんじゃないの?という見解もあるくらいです。

ということで、透明のものを使用していて、全く効果を感じていないということであれば、ちょっと色がかったもの、特に濃いめのものを使ってみるとまた違った効果を得ることができるかもしれません。

最近疲れが本当にヒドいときもあるので、またパソコン対策メガネを掛けてみようかと思っています。

→ たとえばこんな疲れ目サプリ

騙された?効果なしな人

買って使ってはみたものの、全く効果を感じていないなんて人もいます。

そういった人たちの中には、ブルーライトカットということが成り立たないのではないか、そもそもブルーライト自体人体に対して影響がないんじゃないの?という見解をされているものもあるんです。

医学的にはどうなのか?ということなのですが、これも賛否両論です。ハッキリとした論文もなし、実験が行われているということでもなしとなると、実証はむずかしいのではないか、と思うのですが、効果があったという意見がおおかったことから、前向きに検討されていくのではないかという見解もあるくらいです。

文字を見ていく上では問題ないのかもしれませんが、画像や映像を扱う上では、ブルーライトカットのメガネは、色が変わったりするので厳しいかもしれませんね。

まとめ
パソコンを長時間つかう立場にあるのなら、一度ブルーライトカットサングラスというものを掛けてみてもいいのかもしれません。
ちゃんとした効果を実感したいのであれば、できるだけ色の濃いもののほうがいいですね。
ただ、眼鏡のかける生活に慣れていないのであれば、少々厳しいかもしれません。