目、まぶたが疲れてきた場合は何をするといいのでしょう?

解消法はあるのでしょうか。

 

一番いいとされているのは温湿布。

これが意外と気持ちいいんですね。

アイマスクみたいに目の上に乗せて2,3分横になっていると疲れが取れた感じになります。

45度から50度位のお湯にタオルをつけて、5分位温めて、それを目の上に乗せるのもいいです。

それが少々手間だという場合は、レンジで濡れたタオルを温めるのもいいです。

 

まぶたを温めることにより、目の周りの血行が良くなって、疲労物質が除去されて、疲れが取れやすくなります。

これが癖になって、1日農地に何度もやってしまうと、瞼の皮膚がふやけてしまうので、1日1回か2回にとどめておくとよいでしょう。

 

 

アイマスクタイプの疲れ目対策グッズもたくさん出ています。

バイオラバーアイマスク(山本化学工業)というものがなかなかいいです。特に暖める必要もなく、このアイマスクをつけるだけで皮膚の表面温度が1度から1.5度上がって、血行が良くなるのです。

そして、更にいいのは、付けたまま寝ることができるということなんですね。

 

楽天市場でも購入することが可能です。

価格も安くはないので即決するのはむずかしいかもしれませんが、それくらいの効果が見込めるということで、購入する人も増えているみたいです。